「水のトーテム」始まりました

(水のトーテム会場、即興パフォーマンスする塚本氏。撮影:川津望)

.kiten新年企画「水のトーテム」、昨日1月5日の新年会を兼ねての大即興会は非常な盛会となりました。速報ということで掲載許可をいただいた写真からご紹介。

本日1月6日は、批評家・宮田徹也氏によるオープニングトークセッションです。昨年は「アーティストになれ」というアジテートに結実したというセッション、今年はどのような展開が現れるのか。

入場料2000円、19:00~
恒例の懇親会もございます。

是非、足をお運びください。

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願いいたします!2018年が佳き年となりますように。

.kitenの2018年は1月5日、“水のトーテム”の中での大即興会から始まります。新たな年を言祝ぎ、舞祝ぎ、奏祝ぎに、どなたもどうぞお運びください。

2018年、「水のトーテム」の中で新年企画もうひとつ

大型企画「水のトーテム」進行中ですが、そこに場を借りて、珠のような公演が行なわれます。

眠れぬ夜のメタファー 万城目純+貝ヶ石奈美 in 水のトーテム

万城目純[振付・構成・パフォーマンス]
貝ヶ石奈美[ダンス]

開場18時半
開演19時

料金2千円

新年も明け
初夢もおわり
七草粥の日に

眠れぬ夜とは
なんだ?

あくまで
メタファーは
現実ではないと
されていのだが

メタファーこそ
世界であって
理路整然と
揃えられた
現実こそ
夢物語だ。

パフォーマンスに
おけるリアルは
総て
メタファーにある

新年を
生きる信念

パフォーマンスの
口火を切って
早々と
披露致します。

2018
1
7

 

2018年幕開けは「水のトーテム」

あちこちで仕事納めの声を聞いています。2017年も暮れかけてきました。
そして、アートスペース.kitenは来年も大型企画からの幕開けです。

塚本よしつぐ氏委嘱企画「水のトーテム」

2017年の『絵のない部屋/波打ち際』に続き、2018年も美術家・塚本よしつぐ氏のインスタレーションとプロデュースによる企画から始まります。
1月5日の新年即興会から始まります。
詳細は決定後記載。みなさまどうぞお運びください。

12月のイベント予告

もう月なかばとなってしまいましたが、これからの12月中に.kitenで開催予定のイベント予告です。

12月17日 12:00~15:00:キテン読書会 参加費2000円 お菓子・お茶付
恒例となりました読書会、今回は初めて詩を取り上げます。今回の題材は吉岡実の〈静物〉。「読み」の様々なありかたを試みる魅力的な企画となっていますので、是非お越しください。

★★★

12月26日 19:30~
偶GUUシリーズ vol .X

深谷正子氏による企画。
出演者は深谷正子、佐藤ペチカの両氏。
料金1500円、終演後懇親会あり(参加費1000円)

★★★

12月29日 15:00~18:00
つくよみ誕生の宴

.kitenあるじ月読彦氏の誕生日を祝う会。忘年会も兼ねています。
パフォーマンスとともにセッション大会も。
参加費2000円、料理・お酒・飲料のご持参歓迎。

 

12月24日以降はスペースのリニューアルも完了。お越しをお待ちしています。

これまでのイベント報告

ここのところweb更新が滞っておりました。担当者が海外滞在中、何故か国境を越えての更新がシステムに弾かれてしまっていたためです。

その間にも.kitenではしっかり活動が展開されておりました。予告でのご紹介をし損ねていたものも2つほど。

11月25日午前中の読書会。ブルーノ・シュルツ最終回でした。シュルツを扱う読書会は4回に及び、.kitenあるじ月読彦氏のファシリテーションによるワークショップも会の一環として行なわれました。

また、12月3日にはひびきみか氏のダンス、浅原ガンジー氏のsax演奏による『Carta del Ernestoー別れの手紙』が上演されました。

 

 

メゾンitプロモーション動画、公開しています

11月10日より3日間にわたって開催されるメゾンit
こちらのプロモーション動画が公開されています。

なお、メゾンitをプロデュースする川津望氏の詩、「メゾン・イト」が現在発売中の現代詩手帖11月号にて選外佳作となり、選者である広瀬大志・岸田将幸両氏の対談合評中で「500行ぐらいの長篇詩です。挑発的な彫刻みたいで、すさまじい命の爆発を感じました(広瀬)」「竹を割ったような清々しいラストに至るまでと考えるのなら、手続きを大回りさせるのもいい(岸田)」と、前向きに取り上げられています(現代詩手帖11月号より引用)。

今回上演する「メゾンit」はこの長篇詩「メゾン・イト」をさらに拡大してエピソードを盛り込んだ力作とのこと。是非ご期待ください。

メゾンit

詩と音楽、そして舞踊のコラボレーション作品「メゾンit」。
テキストは澁澤 龍彥の最晩年の作よりイメージを得た川津望による長篇詩。いけばな龍生派、今井蒼泉(※1)のインスタレーションに月読彦の公演限定インスタレーションが合わさる予定だ(※2)。全日参加の音楽メンバーは、浮世モードでも存在感を放つ山崎慎一郎(やましん)。11月11日(土)はイラン音楽を中心に打楽器奏者として活動しているシューヘイ。11月12日(日)は作曲家/演奏家の小森俊明がゲストメンバーとして加わる。
朗読・うた(声)は、.kitenのブログ/実働スタッフとしてあるじのもとで勉強中の川津望。詩経からヒントを得たもの、ソネット、短歌、俳句、散文、自由詩を声にのせる。
撮影+αメンバーはチャーリー・河村。本公演に来られる方は「+α」の意味を当日の楽しみとして欲しい。
そして本公演の演出、舞踊は罪/つくよみ(月読彦)。

メゾンit、ここは夢か現か。

(※1)敬称略
(※2)月読彦の判断により変更もあり。

11月のイベント開催予定

11月のイベント、続々と開催が決定しております。

まず、11月3日(金祝)は読書会
今回もブルーノ・シュルツが題材です。11時~、参加費2000円。

同11月3日夕刻には浅原Gandhi氏の演奏、秦真紀子氏のダンスによる
ブエノスアイレスの場末にて
開場18:30、開演19:00、入場料2000円。終演後参加費1000円にて懇親会あります。

11月10日~12日の3日間は先日もご紹介した、
.kitenスタッフでもある川津望氏プロデュースによる3日間連続公演、
メゾンit
詩と音楽と舞踊のコラボレーションとなります。

続いて11月25日にはリュウセイオー龍氏による「跳舞の空間.kiten版」。
ハンガリアンミュージックを踊る、と題されています。

そして11月26日、詩と朗読、踊り、フルート、コントラバスによるコラボレーション、「蒙昧衆

いずれも刺激的な時間となりそうです。
是非ぜひお越しください。

 

週末は.kitenでサンバ!

10月14日、インスタレーションとのコラボレーションシリーズ「窓枠越しの風景」にて、サンバダンサー佐久間佳子氏と散歩が趣味のダンサー万城目純氏によるコラボレーションが上演されます。

窓枠越しの風景 ~佐久間佳子+万城目純

日時
10月14日
開場 18時半
開演 19時
入場料
2000円
出演
佐久間佳子
(サンバダンサー)

万城目純
(散歩が趣味のダンサー)

私、やめるわ!!
舞姫
そぅ、言い残し
彼女は出て行っちゃいました

そうして
散歩だけが趣味の
旦那は
家に引きこもるが、、、

終演後打上げ交流会。参加任意。
参加費千円(予定)

インスタレーション
今井蒼泉/龍生派

ということで、是非お越しくださいませ。