9月23日、土曜読書会の前に

毎月1回土曜日午前から開始される読書会、9月もブルーノ・シュルツを取り上げます。
.kitenスタッフ、川津氏によるCMをまずどうぞ。
そして当日朝はぜひ.kitenまでいらしてください。

9月23日土曜日、朝11時より。参加費2000円、お茶菓子つき。

 

9月6日、海外からの演者を迎えるシリーズ第3弾!

9月6日水曜日19時半開演、「やって来たシリーズvol.3」として、ロシア在住キューバ人パフォーマーを韓国から迎えての公演です!

https://www.facebook.com/events/203821896820550/

●出演
ギジェルモ ルイス オルタ / Guillermo Luis Horta Betancourt
https://www.facebook.com/guillermoluish
鶴山欣也 / Kinya “zulu” Tsuruyama
Asuka J
罪/つくよみ / tsumi/tsyukuyomi

●音楽
スコット・ジョーダン / Scott Jordan
ヒラシマ サトル/Satoru Hirashima
MORIO
Yamaguchi Shuhey
平田祐一/Yuichi Hirata

南国パワーと白塗り、多国文化が坩堝の中で。
さてさていかがなりますやら?

是非ぜひお越しくださいませ!

8月27日企画、出演者募集中です。

8月27日企画「解題朗読・震洋爆裂」につきまして、主催の川崎氏より出演者の募集が告知されています。

終戦の翌日に謎の命令によって出撃準備中、爆発事故にて111名の死者を出した第128震洋攻撃隊の死者と事故を解題朗読する。

読み上げる111名の墓碑銘と合わせていただく表現者(踊手・役者・音楽家・美術家・詩人等)募集中です。

くわしくはこちら

 

8月26日はコラと舞踏の上演

8月26日(土) 19:00~ コラ演奏家の坂入ヤスヒロを迎え、.kitenあるじの舞踏とのコラボレーションを上演いたします。

~邂逅~坂入ヤスヒロ+月読彦~

~ 邂逅 ~ 坂入ヤスヒロ+月読彦
2017.8.26 19h start  in .kiten

出演:坂入ヤスヒロ(コラ演奏)・月読彦(舞踏)

ここに、「いかに自分は『万能ではない』か?」「『個』の限界って何?」なんて思春期めいたことをつらつら考えてる男がいます。
だいぶ周回遅れの様相が濃く、「どのみち、私は音楽や何らかの自己表現から逃れることができない人間なんです」なんてのたまうことも。

・・・いやいやいやいや、違うんです。
私は単純に「やめられない」だけなんです、演奏することが。

違うだろう?
そもそも「やめる」とか「音を出さない」なんて思ったことがあるのか?
他者から散々投げつけられてきた言葉を自分の言葉と勘違いしていないか?

・・・そうでした。
いったい誰に気兼ねしているのか?
格好つけた言葉はいらない。
格好つけた態度もいらない。

服を脱ぎ去るがごとく、己に張り付いた無数の「格好」を取り払った先で、何が聴こえるのか?
何が見えるのか?
そして、どういう音を奏でるのか。

そんなやりとりから生まれたこの企画、.kiten当主の月読彦氏とコラ弾き坂入ヤスヒロの二人舞台。
皆様どうぞおつきあいください。

日時 2017年8月26日(土) 開場18:30 開演19:00
木戸銭 2000円

終演後交流会あり(参加任意)参加費千円

■ 坂入ヤスヒロ・YASUHIRO SAKAIRI ■
ドラマー・パーカッショニスト・コラ奏者。
偶然耳にしたDiaraby(jarabi)という曲を契機に西アフリカ音楽に傾倒し、西アフリカのハープ「コラ」を弾きたいあまりに楽器を自作、奏法を独習。
西アフリカの伝統曲を演奏するコラ・アンサンブルDjeli ya kan、オリジナル曲中心のアコーディオンとコラのデュオaccora等での活動を経て、現在、ブルースバンド等でのドラム演奏、コラのソロ演奏もしくは様々な演奏者とのデュオ演奏など、さまざまな形態で演奏活動を展開中
2015年、オリジナル5曲入りミニアルバム「涼季」を発表。

■ 月読彦 Tsukuyomihiko ■
.kitenあるじ。奇天烈月光団、浮世モードなんぞを率いて、物語性のある作品を作っている。罪/つくよみ というダンス名義もある。2017年、それまで躊躇してきたソロパフォーマンス開始。「踏交興在」というチーム作りを密かに温めている。最近はインスタレーションにも開眼。

70年代後半セックスピストルズと曲馬館に衝撃を受け、山海塾の金柑少年の初演頃を目撃。80年代初頭はパンクな日々。ボアダムズの山塚アイなんぞと遊んでいた。バックステージの活動をメインにしていたが、桃山邑に騙され!石間無為王、アッスン・rなんぞというクレジットで水族館劇場参加。あるとき不意に踊りに傾注し退団。長谷川六の薫陶を受ける。最近は演劇活動も再開しつつある。

今回は坂入さんの指名をうけ、踊る。よろしくお願いいたします!

「クラウド・チキン」シリーズからのバトンとして

新着情報のほうでは少しアナウンスが遅れましたが、「クラウド・チキン」シリーズ最終作品の作・出演者である川津望氏による

「クラウド・チキン 羅宇RuN乱痴気LOuDCLowN 川津望+古沢健太郎」を終えて

を公開しています。

これは続くシリーズへ渡す橋、渡されるバトンとしても書かれています。

「作品ノート」公開しました。

公開された作品について語るという行為は、鑑賞者のみに限られたものではない…
ということで、出展者・出演者に自作について語っていただくスペースを設けました。これから公開されてゆく作品に寄せるもの、あるいは上演した作品について語るもの…「作者が、その作品について」語る、ということ以外は執筆者の解釈にお任せした形でテキストをいただいています。

作品ノート

第1回は、8月20日よりこれまでの”クラウド・チキン”にかわってインスタレーションを公開いただく今井蒼泉氏による文章。今後、氏のインスタレーションと関わりながらさらなるパフォーマンスが展開されてゆくこととなります。

朝読書会CM

8月19日10時~
朝読書会のCM映像完成いたしました。
当日は是非、朝から.kitenにお越しください。